丹田呼吸の原点

4月9日(日)の和歌山の天空講座では、『丹田呼吸の原点』というタイトルで、天空方命術の丹田呼吸は、どういうものであって、どういう目的で行うものなのか…ということを説明しています。他にも、丹田呼吸をどれだけの時間すればよいかということ。どうすれば見えないちからと繋がるかということ。見える現実を最高の状態にするための方法。最高の睡眠状態に入るための心得など…盛沢山の内容となっております。

 

ここから始められる方は、「丹田呼吸2016」のDVDと一緒にご覧ください。

「丹田呼吸2016」の方は、丹田呼吸のやり方を詳しく説明しています。

 

今回参加された皆様、DVDをご覧いただいた皆様は、天空方命術の丹田呼吸法は、『術』そのものであるということが、お分かり頂けたかと思います。そして、それを知った皆様は、ここからは、今までとは違った意識で、丹田呼吸をおこなうことができるはずです。その意識をもって丹田呼吸をおこない、日々の実践に取り組み、講座やセミナーでお伝えしている大きな天空の流れに乗って、更にレベルを高めていきましょう。

 

今回の内容は、もちろん天空方命術の実践をおこなっているということを前提としてのお話です。しっかりと中真心軸を立て、今回の内容を理解したうえで、丹田呼吸をおこなっていくと、例え短い時間であっても、深い丹田呼吸になり、深い瞑想になります。そこから皆様の精神力が発揮されてきます。

あなたの精神によって奇跡が起き、あなたの精神によって道が開かれ、あなたの精神によって人生が変わります。

 

本部事務局 伊藤